今年は方向変換の年らしい

なんのかんのと




間もなく、クラウドファンディングサイト「CAMPFIRE」に私が考えたプロジェクトが掲載される。
クラウドファインディングとは、簡単に説明すると、自分が実現させたいものを掲載し投資してもらう、投資してもらった相手にはリターンという感謝を込めたお返しをする仕組み。

なにを実現させたいかというと、所沢周辺エリアで昔から親しまれていた文化・風習・方言・食べ物を気軽に楽しんでもらえるスペース、カフェ兼デザイン事務所を作りたい。
所沢って埼玉の端っこでベッドタウンのなんの特徴もない地域だと思っている人は少なくないと思う。
でも、実はちゃんと方言もあり、風習も文化もこの地域ならではの食べ物もある。
本当に知らない人は多いのかもしれない。
薄れて消えかかってしまった昔ながらのものを楽しみながら親しんでほしいとネイティブな所沢っ子の私は思ったんだ。

春の手前に、私は病院に担ぎ込まれた。
正確には、どうしようもなく息ができなかったので自分から救急車を呼んだんだけど。(理屈っぽい?)
で、今の生活は無理があったんだと、もう少しストレスない生活に方向変換しないと健康も取り戻せない。
担架に乗りながら考えた。
自宅兼仕事場で、母と同居、昼間は仕事に集中できず、母の思い込みと勘違いに大きく振り回され、夜中に作業という生活は無理があった。
自宅と仕事場は切り離し、以前からふわっと思っていた「所沢の古き良きを知ってもらえるカフェ」と仕事場を合体させよう。
デザイン事務所兼カフェを実現させたい。
母はカフェで食事とってもらい、タブレットで動画を楽しんでもらいつつ、来客と会話を楽しんだり、私は接客、料理、空いた時間でデザイン。
先立つ資金はどうにもキビシイのでクラウドファインディングに挑戦して、成功すればコンスタントに準備して、成功しなかったらコツコツと準備をしていこう。

店名は「Cafe 春紫苑」。
ハルジオン=貧乏草、素朴な素朴な野草。
いつか、妹から両手いっぱいのハルジオンをもらったことがある。
あれはあれで、素朴だけど、アブラムシも付いてたけど、それなりにうれしかった。
ハルジオン、ちょっと可憐な野草。
飲み物は、コーヒー、紅茶、ココアはもちろん、うちの家族親戚が好んで飲んでいた狭山茶の粉茶の渋茶も用意しよう。
ランチは、すいとん(煮だんご)、つうしのうどん(汁はもちろん、一般でいう肉汁)、たらこめし、鯨のベーコン、ひところ親しまれていた品目を用意しよう。
我が家のオリジナルカレーもランチに加えよう。

と、つらつらと構想してたが、クラウドファインディングの公開も近づいてきた。
公開になったら、またお知らせするが、目の前のミッションは「食品衛生責任者」の資格取得。
埼玉食品衛生協会で講習受講&資格取得なのだが、予約がいっぱいで、5月14日になんとか予約がとれた。
資格をもらわなくちゃ先に進めない。頑張らなくちゃ!(..・`◡´・..)